ファクシミリ

電話よりも先に発明されたという

ファックス(ファクシミリ)という器材。


送り手側は、

行と列で管理された方眼の四角

(小さければ小さいほど詳細な情報を送れる)11つに

かの情報を送る。

受け手側は、

送られてきた“黒”か“白”かの情報を行と列を同期させて

11つ方眼の四角に再生するという仕組み。

 

SNS等における“言葉“の発信において

‘上’ ‘下’ 

‘前’ ‘後ろ’

‘○月○日’ ‘△△時から‘。。

いわゆる情報。

“黒”か“白”か 送り手と受け手とは

ほぼ同じ“言葉“が共有できるだろう。

 

では、

人の考え・想いを表す“言葉”はどうだろうか

例えば送り手が

100%言いきれた“言葉“を発信したとしよう。

さて、受け手の心に

送り手の想いが100% 再生されるだろうか

受け手の立場にも依って その“言葉“は変わるだろう。

いや、意図的にねじ曲げられる事も少なくない。


受け手に100%(好意的にも)再生される事がほとんどない“言葉“を

送り手が100%言いきる言葉にする事に何の意味があるのだろう。

70%でなにが悪い

50%の言葉でも角度を変えて発信し続ける事で

受け手への伝達が

2次元(平面)から3次元(プラス深み)、

そして全容(具体的な形)に近づくのではないだろうか。


普通に偏ってしまう自身の情報ツールにも注意しながら

日々 アンテナを張って勉強しなければならない。

大坂なおみ氏の言う

「人々が考えるきっかけ」になるべきなんだと思う。


ボクらの暮らしが、自分たちの手で

いつまでも回わし続けれる様にボクは発信していきたい。

コメント

非公開コメント